スタッフブログ

ロゼワイン、ちょっと”ツウ”っぽいかも??

こんにちは~。ホールの陽子です。
心地良い陽気が続いていますね。
秋って、過ごしやすく心地良く、空も綺麗で、、、
また、寒い季節が間近に迫っている気配も感じるので、なんとなくあっという間に過ぎ去っていく 儚さ も感じます。
桜の季節もそうですが、日本人は、「儚さ」「情緒」「風情」「粋」といった、言葉だけでは表現できない美しさを感じられる人種だと思っています。
朔月では、この短い秋の季節ならではのお料理、ご用意しています。

さてさて、今日はロゼワインのご紹介です。
ヨーロッパでは、白ワイン、赤ワインと同じようにロゼワインがメジャーに飲まれていますが、日本ではまだまだ認知度が低い気がします。
でも、日本人こそ飲んで頂きたいロゼです(^_^)
素材の味を大事にする和食にもさっぱりと合わせやすいからです!

エム・ド・ミニュティー

今、朔月では、こちらのロゼをグラスでもボトルでも提供させて頂いております。
フランス🇫🇷プロヴァンス地方のこちら

サーモンピンクが美しく、辛口で、さっぱりすっきり軽快な口当たりで、繊細な和食を邪魔しないロゼです。

まだ、ロゼワインに関しては日本ではメジャーではないですし(特に和食の飲食店では)、見た目の色合いも女性向けなイメージがありますが、是非男性にも飲んでほしいです!!
おそらく、、「ロゼって甘いんでしょ?」「見た目的に男が飲むのは恥ずかしいよ」って仰る方も多いと思います。
確かにそんな印象ですね!

でもね~
ロゼワインって、白ワインのすっきりした特徴と、赤ワインのコク、どちらの良さも持ち合わせていて、良いところ取りな上にお食事を選びません。
コースでも、アラカルトでも、迷った時のロゼのチョイスというのもおすすめです。

グラスから提供しておりますので、是非お試しを!

ちなみに、、
エム・ド・ミニュティーを有名人に例えると、、、

長澤まさみさん(特に20代後半~30代前半のイメージ)
爽やかで、フレッシュ、すっと喉に通っていく。
果実感も感じながらもしつこい甘さではなく、女性的な魅力と かっこよさが共存していて、ナチュラルさが心地よい。そんな感じでしょうか??(あくまでも主観です)

最近、ワインを有名人に例えたりしています。
あくまでも個人的な感覚ですが、なんとなくわかりやすいし、何より、”複雑”な魅力をもった”人間”に例える方がしっくりくる気がします。

ソムリエ鈴木 陽子

ワインだけでなくお酒全般と食べる事が好きです。一人でも色んなお店に行きます! ハードルが高いと思われがちなワイン。一日お仕事を頑張った自分のご褒美に、また和食や家庭料理とご一緒になど、日々もっと気軽にワインを楽しんで頂けるようご提案させて頂きます。

スタッフブログ一覧
ページの上に戻る
今すぐ電話予約する