スタッフブログ

朔月はバリアフリーのお店です

こんにちは。ホールスタッフの陽子です。
皆さまいかがお過ごしですか?

積極的に外出できない不便さや窮屈さを痛感する数ヶ月でしたね。まだまだ我慢が必要な時ですので、ストレスを感じている方も多いかと思います。

しかし新型コロナが流行する前からでも、普段から外出の不便を感じている方がいます。
何らかの障害を持ち、身体が不自由な方々です。
朔月は、車椅子の方もオストメイトを造設している方も、小さなお子様をお連れの方、誰もが安心してお食事を楽しめるバリアフリーのお店です。

通路やお手洗いには手すりを設けており、テーブルとテーブルの間は広くゆとりを持たせ、車椅子の方々に合わせてテーブルの高さ調整もできます。
また、お手洗いに関しては、車椅子の方がご利用しやすい広さとなっており、オストメイトの方もご利用頂ける仕様となっております。

ビルのエレベーターは、両開きの扉仕様で、車椅子も転回の必要がありません。

以前に、障害をもった方々が普段不便に思っていること、というテーマでお話を聞く機会がありました。
車椅子の方に関しては、タクシーに乗車拒否をされたり、タクシーに乗せるのに1時間近くかかってしまったり。レストランの利用ができても、お店のウエルカム感がなく悲しい思いをすること、また、お手洗いが朔月のように広くなく利用が不可能とのこと。
もっともっと当たり前のように、障害者の為の環境が整っていたら、幸せな世の中になると思います。

朔月のオーナーの思いは、施設だけのバリアフリーだけでなく、従業員の気持ちがバリアフリーであることです。
それが朔月のコンセプトです。

当店は、どなたでもお食事を楽しむことができるお店なので、是非この情報をたくさんの方にシェアして頂けたら嬉しいです。

また、車椅子の方は電車でお越しの際は、銀座駅C5番出口とC7番出口の間のエレベーターをご利用頂けると、お店までスムーズにお越し頂けます。

食事に自由を。
お出かけすることに楽しみを。
そして何より皆様が笑顔になれることを願って。

ソムリエ鈴木 陽子

ワインだけでなくお酒全般と食べる事が好きです。一人でも色んなお店に行きます! ハードルが高いと思われがちなワイン。一日お仕事を頑張った自分のご褒美に、また和食や家庭料理とご一緒になど、日々もっと気軽にワインを楽しんで頂けるようご提案させて頂きます。

スタッフブログ一覧
ページの上に戻る
今すぐ電話予約する